About

【はじめまして】
山口県萩市の三見市(さんみいち)という小さな集落でやきもの作りをしている萩焼窯元 牧野窯です。
陶工の牧野将典は20年前に萩焼に出会い、その温かみや優しい色合いに一目惚れ。「萩焼をやろう!」と東京から萩に移住してきました。以来、伝統的な製法を大切にしています。作品は蹴りロクロで成形、釉薬は灰から手作り、薪を使った登り窯での焼成。自ら掘った土も一部使用しています。
私たちのシンプルで飽きのこない「ザ・萩焼」を通して、癒しのある豊かな生活を提供したいと思っています。
【萩焼】
萩焼は元々茶陶としてスタートしました。「萩の七化け」という言葉をご存知でしょうか。お茶の世界で萩焼は、そのざんぐりとした土味が高く評価されています。この土味を残すため、萩焼はあまり高い温度では焼きません。結果、柔らかく吸水性の高いやきものとなり、器にお茶が徐々にしみて、色あいが少しずつ変化していきます。これを「萩の七化け」と言ってお茶の世界では、これが器を楽しむポイントのひとつでもあります。
ぜひ萩焼を手にしたときの土のほっこり感を味わってください。使えば使うほどに器の色合いが変わり、少しずつ独特の風合いが出てくるのもお楽しみいただけます。大切に手をかければ、使い込むほどに愛着のある自分だけの器になっていきます。萩焼は焼きあがった時が完成ではなく、使い手が一緒になって育てていく器と言うこともできるでしょう。
【登り窯】
登り窯で焼いた萩焼の魅力をひとりでも多くの方に体感していただきたいという思いから登り窯で焚くことにこだわっています。
現在の窯は、2018年に築窯しました。長年放置され、ジャングルと化していた耕作放棄地(元田んぼ)を「開拓」するところからのスタート。まさに一からの築窯です。
登り窯にしか出せない風合いをお楽しみいただけましたらうれしいです。
【窯場/工房/ギャラリー】
わたしたちの窯場は、萩市内の三見市(さんみいち)という小さな集落にあります。のどかな田園地帯にあり、昔は萩城下に入る手前の小さな宿場町でした。今は過疎が進んで静かですが、当時の名残を残すとても趣きのある集落です。集落の中央ではユニークな風貌の仁王様が皆を見守り、近くには眼鏡橋という景観の美しい場所もあります。ぜひ当窯と併せてお訪ねいただきたいです。
当窯は不定休ですので、ご訪問の際には事前にご連絡をいただけますようお願いいたします。

【牧野将典(まきの まさのり) 陶歴】

1972年 長野県小諸市に生まれる

1995年 東京外国語大学(ドイツ語学科)卒業

            東京にてテレビ関係のカメラ技術会社に就職

2000年 萩にて十二世 坂高麗左衛門に師事、萩焼の勉強を始める

2004年 萩焼窯元 泉流山 に職人として勤務

2011年 勤めと並行して、萩市川上に20年間休眠していた登り窯を借り、個人の作陶開始

2015年 川上に自作のドラム缶窯も導入

2017年 フィンランド・ロヴァニエミ市『Arctic Design Week 2017 / Dialogue with Nature from Yamaguchi JAPAN 自然との              対話〜日本の山口から〜』に出品

2017年 登り窯に問題があることが判明。川上の窯場を手放し、他所で新たに築窯することを決意

2017年 下関市にて、自身で掘った土で作陶するグループ展『遇斯光庵展』に参加(以降毎年参加)

2018年 萩焼窯元 泉流山 を退職

            萩市三見にて登り窯を築窯

2020年 田部美術館「茶の湯の造形展」入選

            5月 登り窯に初めての火を入れる

     フランス・パリにて、展覧会『1000 Vases』に出品

2021年 経済産業大臣指定伝統的工芸品 萩焼 伝統工芸士 (総合部門)に認定される