Gallery

茶陶

矢筈口水指
上部に掛けた藁灰釉が、薪の炎で紫色になる「窯変」が強く出ています。
象嵌桜紋壺
茶壺を模した形の壺に、桜の紋様を入れました。成形し、壺が固くならないうちに桜の形をした印判で桜を刻印し、そこに明るい色の土を埋めこむ「象嵌」という技法で描いています。
カエル花入
崖を登るカエルをイメージして作りました。
カエルは窯場にたくさんいる、良いモチーフです。
卵形花入
縄文水指
縄文土器から着想を得た水指です。
内側は施釉してありますが、外側は焼締にしてみました。
縄文花入
縄文土器から着想を得た花入です。
焼き色が美しい出来になりました。
灰被り花入
窯焚きの時の薪の灰が直に掛かる場所に窯詰めして焼く、いわゆる「灰被り」の作品です。
茶碗
茶碗

酒器

窯変徳利
白くなる藁灰釉が、薪の炎があたって紫色に発色しています。登り窯で焼成中に、薪があたって倒れたため、隣の作品とくっついた跡があります。倒れた状態で焼けたので、横向きに少し流れた釉薬が面白い景色となっています。